酒蔵ならではの、樽の菰掛け(こもかけ)の様子。
なかなか見事な職人芸です。

BACKボタン

[準備]
@ 洗浄。
空樽 ←樽は、中に直接酒が入るため、
  念入りに洗浄し、よく乾かしておく。
[酒を入れる]
@ 漏斗を使って、樽に酒を注ぐ。(これは越後杜氏 厳選) A 栓をする。 B 胴巻きを着せて、準備完了。
[用意]   ↑ 以前は、菰を巻いてから
    ワラを詰めて形を整えて
    いたそうです。
     熟練しないと、歪な形に
    なりました。



    くらだよりロゴ
菰、太縄、細縄、紐、はさみ、大針。
[菰(こも)を巻く]
@ 菰の両端を整える。 A 上下のバランスを見ながら巻きつける。
[上下を縫いとめる]
@ まずは、上部から。 A 外側から8ヶ所を縫いとり、余りの細縄を編んでいきます。 B 菊の花のような出来上がり。
     ※ 下側も、同じ手順ですが、縛り方がもうすこし簡略になります。
[縄を掛ける]
@ 大縄の位置には、気を配ります。 A 下で交差し、4本柱にして、固く結びます。
※ 結び目は、
    すべて「男結び」です。
[横紐を掛ける]
@ 太縄を支える横紐。 A 3本きれいに揃うように。
[始末]
@ 紐類の始末。杜氏さんいわく、「ここが見せ場だ」という飾り結び。 A 周りを整えて…
 ← 相撲の横綱のマワシのように
     グルグルとねじります。
完成!  




 目下、こも樽を一手に引き受けている
 樽師さん。手際よく巻き上げていく様子には
 感心します。
  「2斗樽が、いちばんサマになるよね。」
         との事でした。(写真は1斗樽)

 最近はナイロン素材の菰が増えていますが、
 うちでは稲ワラ製のものを使っています。
 近頃は稲ワラも希少になっているようですが、
 風情と温かみがある、こういったものは、
 長く残していきたいものです。

BACKボタン