ボタン 銘酒 帛乙女を楽しむ夕べ
    (平成16年4月10日)
ステージの桜
春うららかに暖かい日で、
いっせいに花開いた桜も
ちょうど見頃の八分咲きくらい。
「特産 帛乙女を肴に、銘酒 帛乙女を楽しむ夕べ」
昨年の第一回目にひき続き、
再び「銘酒 帛乙女」ファンが集いました。
挨拶
社長の挨拶のなかでは、
帛乙女誕生秘話(?)や
「少しでも良いものを目指す」という
酒造りの精神のこと。
そして
杜氏以下、続々と育っている
若き一級技能士たちが紹介されました。
宴
3種の「帛乙女」はもちろんのこと、
帛乙女本醸造の「樽酒」、
酒造り全般に使用されている仕込水「天狗の清水」。
お料理も里芋帛乙女がたっぷり入った
具だくさんの里芋汁などを
召し上がっていただきました。
抽選会
大きな蕾をもった牡丹の鉢植えや、
帛乙女特別本醸造が当たる
お楽しみ抽選会。
そして全員のお土産には
酒の粕と大粒(3Lサイズ)の里芋帛乙女。
皆様のお家で、
どんなお料理になったでしょうか?

BACKボタン